無添加 オールインワンゲル

 

オールインワンゲルは特に忙しい女性に人気の基礎化粧品です。化粧水や乳液などを順番につけていかなくても、オールインワンゲルをつけるだけでスキンケアができてしまう優れものコスメ!敏感肌でも安心して使える無添加のオールインワンゲルを紹介しますね。

 

無添加オールインワンゲル人気ランキング

 

 

 

全国の医療機関、病院でもおすすめされているオールインワンゲルでとにかくお肌に優しく、保湿に優れています。石油系界面活性剤、防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール)、鉱物油、合成着色料、合成香料、シリコンは無添加です。

 

初回価格:2,996円  容量:180g

 

美容成分:5種類のヒト型セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、温泉水、ビタミンC、プロテオグリカンほか

 

初回1000円オフ ⇒ メディプラスゲル 公式サイトへ

 

 

 

 

年齢肌、アンチエイジングに効果が期待できる美容成分を配合しているトリニティーライン?ジェルクリームプレミアム。無香料、無着色、ノンアルコール、ノンパラベンです。乾燥性敏感肌に対してパッチテスト済、連用テスト済です。

 

初回価格:1,900円  容量:50g

 

美容成分:天然型セラミド、モイストセラミド成分、レシチン、4種のヒアルロン酸、マリンコラーゲン、14種のアミノ酸、アミノキャッチ、スクワラン、ホチキスポリマーα、ツボクサエキス、クアトロリフト、カンゾウ根エキス、シラカンバ樹液、クチナシエキス、オトギリソウエキス

 

⇒ トリニティーライン 公式サイトへ

 

 

 

 

保湿力が高いセラミドをたっぷりのオールインワンゲル。大人ニキビの予防成分も配合されています。若い方から、40代、50代以降の女性にも人気です。

 

初回価格:3,725円  容量:150g

 

美容成分:セラミド1、セラミド3、セラミド6II、プロテオグリカンほか

 

⇒ バランシングゲル 公式サイトへ

 

 

 

無添加オールインワンゲルの口コミまとめ

 

肌質が一人ひとりちがうので、どんな化粧品でも100%の人が満足ということはありえませんよね。とくに敏感肌、乾燥肌の場合は配合成分によって反応が出てしまうことがあるので肌に直接つける基礎化粧品選びは大変です。

 

とはいっても、同じような肌質の人の口コミ、体験談は参考になることが多いものです。オールインワンゲルを選ぶ時にもきっと役立つ情報がありますよ。

 

メディプラスゲルの口コミ

肌に合い、継続して使用できるオールインワンゲルを求めて様々なお試し購入をしました。その中で一番気に入ったのはメディプラスゲル。コスパがいいこととポンプ式のボトルでお手軽、肌の調子、総合して長く使えそうだと思ったからです。
産後ニキビが出来ては治り、また出来て、を繰り返していた私のお肌。でも赤ちゃんのお世話で洗顔後もきちんとスキンケアできる時間なんて全く取れませんでした。そこでお手軽にできるオールインワンゲルを、と、思ったのですが、なかなかニキビは治りませんでした。しかしお試しで購入したメディプラスゲルをつけ始めてから2週間くらい経ってから、ふと気付きました。あれ?ニキビそういえば最近できてない。と。
肌が若返ったとまでは言えませんが、それでも肌トラブルが解消したのは事実。そして赤ちゃんのお世話で時間がとれない私でも、継続してスキンケアできているのも事実です。お値段も安いし、私にはすごく合ったオールインワンゲルだと思います。(まっぷるさん・38歳)

トリニティーラインの口コミ

ドラッグストアで買ったオールインワンを使って肌が赤くなってしまったりトラブルがあることが多いのですが、口コミを見たりして購入したところ、良さそうだなと思いましたが、それでも半信半疑でそんなに期待はしていなかったのですが、かなり良かったです。伸びも良く、気持ち良く使えます。冬場は、顔以外のかさかさするところ、私は肘や首もと、手などにも使っています。安いので、惜しみなくたっぷり使えます。他のものを試したこともありますが、高価でべたべたてかてかして、何となく使い心地が悪かったです。こちらは、浸透感を感じられ、肌になじむ感じをすぐに実感することができます。私は乾燥肌なので、ひどいところは重ねて塗ると保湿も感じられ、かさかさ感もなくなります。(まゆみさん・45歳)

ナチュラルエレメンツ バランシングゲルの口コミ

30代になりシミやそばかすが頬の高い位置に一気に出始めました。元々シミやそばかすは多く何箇所か大きいシミは美容レーザーで処理してきましたが、時間が経つとまた同じところに出てきての繰り返しで困ってました。
そんな時にシミやそばかすができてしまう原因の予防をしていなかったなと思い色々とネットで探し始めました。そこでマイナス評価の少ない口コミのよかったバランシングゲルの存在を知りました。こちら選んだ理由はクチコミの良さとオールインワンという手軽さ、また大人ニキビ予防効果の点です。
乳白色のゲルは柔らかすぎず固すぎずで伸びも良いです。夏の暑いベタベタした肌でも問題なく伸びしっとりします。サラサラタイプよりはベタつくゲルですが肌もつっぱらず香りも強くないので気に入ってます。
使用してから5ヶ月経ちますが大きいシミは減ってませんが小さいシミやそばかすは目立たなくなったと実感してます。
総合的に、2ヶ月使える150グラムで5,000円程度で(私はケチっていたのか3ヶ月程使えましたが)、保湿と美白(シミやそばかす予防)が出来て購入してよかったと思います。(なるるんさん・33歳)

one オールインワンクリーム エモリエントリッチの口コミ

細かい赤いニキビがいつもあるのが悩みで乾燥が原因かもと初めて使ったオールインワンがこれでした。朝使って昼間の間はいいのですが、問題は夜。夜に洗顔後使用して就寝し、朝になるとTゾーンがべたべたしています。ニキビはその部分似はないですがべたつきは嫌なので今は使用せず残りは乾燥肌の姉にあげました。色白で乾燥肌の姉にはピッタリだったみたいでそれからずっと使っています。(ゆうなさん・21歳)

 

⇒ 無添加オールインワンゲルランキングをみる

 

スキンケアに肌を傷めない無添加のものを使っても、ファンデーションが添加物がいっぱいのものを使っては元も子もありませんよね。ファンデーションにも無添加のものがありますからそういったものを使うようにしましょう。

 

無添加化粧品が人気のワケ

 

無添加コスメというのは、肌に刺激を与える可能性があるものや、有害であるとされる成分名を使っていないものをさします。これまでの化粧品の多くは、安く作れる、品質の安定につながるといった理由で、肌によくないといわれる成分も入っていることが多く消費者は仕方がなく使っている状態でした。

 

しかし、無添加というものに注目が集まり、現在ではたくさんの無添加化粧品が販売されています。無添加化粧品の中でも、スキンケア用品として効果が高いものや、しみ・そばかすに美白効果、しわ・たるみに引き締め、保湿効果などに効果が期待できる成分の入った化粧品が売れ筋となっています。

 

オールインワンゲルでも無添加のものが多く、肌に優しいうえに美白、アンチエイジングを重点的にしたいという30代以降の女性から特に支持を得ています。無添加というのは、鉱物油、合成界面活性剤、合成香料、合成着色料などが入っていないものをいいますが、これらの成分はどういった悪い影響があるのか見ていきましょう。

⇒ 無添加オールインワンゲルランキング

 

鉱物油が合わないと肌荒れを起こす

添加物として有名なのがこの鉱物油です。鉱物油は通気性がないために、お肌に塗ると皮膚呼吸ができなくなり、シミ、そばかす、しわなどの原因にもなってしまうのです。

 

また精製が十分でないものを使用すると油やけという色素沈着を起こすこともあります。現在は、精製技術が向上したとはいえ、原料が主に石油ということをみてもお肌には適さないことは明白ですよね。

 

プチプラで保湿効果があると人気のある白色ワセリンは石油から生成されている鉱物油ですがやはり敏感肌などで肌質に合わない場合は肌トラブルが起こってしまいますから、こちらも使わないほうがいい成分となります。

 

合成界面活性剤などの「合成成分」は×

合成といついているものは石油から作られたもので、お肌によくありません。これは安価で、安定しやすいので化粧品に使用されているだけで、自然界にも同じような働きをする成分があります。

 

もちろん、自然にあるものはなんでも安全だから、石油が悪いと言っているわけではありませんが、「合成」された成分は、お肌の機能を低下させる可能性があるため使用しない方がいいでしょう。

 

また、敏感肌ならば、添加物の入っている化粧品は絶対に使わな方がいいです。PMSなどで肌荒れが悪化するような人もやはり敏感肌なので使わないようにしましょう。添加物は肌を刺激することが多いのアレルギー反応がでたりしますから、敏感肌の人は無添加のものを使用するように注意しましょう。

 

⇒ 無添加オールインワンゲルランキング

 

 

 

 

無添加オールインワンゲルが肌にいい理由

 

乾燥敏感肌にも低刺激

乾燥による敏感なお肌は、あまり無理にエイジングケアなどは行わないほうが皮膚のためには良いです。ただ、お肌の健康な状態を保つことが、一番お肌にとっても良く、エイジングなどよりも効果のあることなのです。

 

実際に、敏感な肌を守るためにはどのような化粧品を使っていけばいいのでしょうか。お肌の敏感な方は、化粧品の一部にアレルギーを持つ方などもいます。ですので、できればお医者様に相談して、自分にアレルギーがあるかどうか調べてもらうことも重要になります。

 

そして、化粧品の内容にも注目してみることです。添加物や保存料が苦手な人もいますが、パラベンフリーの変わりに別の保存料を利用している場合もあり、化粧品にはなんらかの保存料を使っていないと、何週間もしないうちに変質してしまうのです。

 

ですから、低刺激、と化粧品で謳っていたとしても、自分の肌に確実に合うのかはわからないものなのです。実際に使用してみて、違和感があるようでしたら、その化粧品についてはやめてみることです。

 

なかなか自分に合う化粧品を見つけることは難しい面もありますが、少しづつ試してみていくことで、自分に合ったもの、合わないものを判別していくことが大事になってきます。

 

さらに、敏感肌のケアで一番大事なことはまず肌を大切に扱うということです。洗顔などもソフトに、あまりごしごししたり高温で洗うのは禁物です。敏感肌でお風呂で洗顔をする場合には、無添加オールインワンゲルなど肌に刺激のある添加物の配合されていない化粧品を浴室内でつければ乾燥もせずに早く肌機能が戻ってきます。

 

化粧品などをあれこれ使うよりは、洗顔をソフトにして保湿を乾かないうちにするだけでも、敏感肌がもとに戻る助けになるのです。肌が乾燥しないように洗顔後に素早く保湿して、化粧水〜クリームまでを完了するまでに肌の水分が蒸発してしまうのでオールインワン化粧品はすぐに保湿クリームの役割までできるので優れています。

 

無添加オールインワンでもリッチな成分が入っているものを選べば40代以降の毛穴の開き、小じわ、たるみ、くすみなどに対応したエイジングケアも一気にできます。

 

⇒ おすすめ無添加オールインワンゲル

 

敏感肌のバリア機能を回復させる保湿効果が高い

 

 

年々増えていっていると言われている敏感肌人口。これまでなんともなかったのにある日急にお肌が敏感になってしまうこともあるんです。敏感肌の人は普通の人と同じスキンケアではなかなか改善できないばかりか症状が悪化する場合もありますので、きちんと敏感肌用のスキンケアを使用しましょう。

 

そしてお肌が乾燥するとバリア機能が低下するため外部刺激を受けやすくなってしまいます。ですからきちんと保湿を行うことを心がけましょう。スキンケアは敏感肌用のものをライン使いするのがおすすめです。

 

同じ敏感肌でも人によってスキンケアは合う合わないがありますので、自分に合うスキンケアを根気強く探しましょう。そのためには無料サンプルなどを利用してみるのがおすすめですよ。

 

新しいスキンケアを取り入れた場合は、まず少量を顎の下の目立たないところにつけて様子を見てみましょう。問題なければそのスキンケアはクリアとなりますのであとは使い心地などで選びましょう。

 

使っていくうちに昨日まで大丈夫だったのに急にトラブルが出てしまう場合もありますので、赤みや腫れなどのトラブルが出たら使用を一旦中止しましょう。敏感肌の人のスキンケア選びにはパッチテストは欠かせません。

 

多少面倒だと感じることもあるかもしれませんが、必ずパッチテストをしてその反応を見るようにしましょう。パッチテストのやり方は入浴後に少量の化粧品を二の腕の内側に塗り24時間様子をみます。

 

問題がなければ今度はフェイスラインの目立たないところに同じように試してみます。これで問題がなければ使用しても問題ありません。何かしらの症状が出た場合、その化粧品を持って皮膚科を受診しましょう。敏感肌の人のスキンケア選びは焦らずゆっくり探すことが大切です。敏感肌になる主な原因は保湿と言われています。

 

敏感肌におすすめのセラミド

 

乾燥肌を改善することで知られるセラミドですが、敏感肌にもとっても効果が高い成分です。敏感肌は肌が荒れて、表皮がめくれ上がり目には見えなくても刺激物が肌に侵入できる隙間ができている状態。

 

この隙間に化粧水、オールインワンなど化粧品が触れて刺激になり赤くなったり、痛み・痒みが出ることになります。セラミドはこの異物が入り込む隙間を閉じてくれる働きがあるのです。

 

上記で紹介している無添加オールインワンゲルにもほどセラミドが配合されています。セラミドでも種類があって一番肌になじむのが早く効果が硬いとされているのが、ヒト型セラミドです。オールインワン化粧品を選ぶ時の参考にしてください。

 

⇒ おすすめ無添加オールインワンゲル

 

添加物で肌荒れが悪化してしまった!(体験談)
ドラッグストアで一押し!と書かせれていたオールインワンゲルを買ったことがあります。3年くらい前です。使い始めた途端にどんどんニキビが酷くなってしまいました。

 

思春期(中学2年くらい?)からニキビが多くて、大人になってからもまったく治まることがなくいつも顔に2〜3か所は吹き出物がありました。ニキビ予防には保湿するのがいいと聞いたからと、ドラッグストアでおすすめになっていたのを購入したのに逆にニキビが酷くなるとか凄くがっかりでした。(損した!って気持ちもあって。)

 

そのオールインワンゲルを見てみるとパラベンフリーとは書いてあったのですがほかの防腐剤や、合成香料などが入っていました。詳しくはどの成分が悪かったかというのは分かりませんが、とにかくそのオールインワン化粧品は使うのを止めてからはまたある程度の、ニキビの数に戻りました。

 

そのころちょうどテレビで見かけたのがメディプラスゲルです。ニキビにも効果的と言われる感想が多いメディプラスゲルので使ってみることに。1プッシュでちょうどいいくらいで推奨されている2プッシュだと多すぎと思い1プッシュのまま1か月使ってみましたが、1か月後にはすっかり肌の炎症が消えていました。

 

1週間目くらいでニキビが小さくなった→2週間目くらいでほぼニキビなし状態に!長年ニキビがあった顔しか見たことがない鏡にニキビなしの自分の顔が!いつも赤っぽくデコボコしていたのがなおっていたんです。

 

肌に優しい無添加っていうのはすごい効き目だと感動しました。ほかのに変えたらまた悪化するといけないので定期購入がはじめ面倒でしたが今も続けています。まだニキビが復活する兆しはありません。

 

アルコールフリーがお肌に優しい

 

オールインワンゲルを選ぶ時、成分の違いなどを確認するかと思いますが、その時、アルコールフリーという表記を目にすることもあるでしょう。界面活性剤、防腐剤などの添加物フリーと並んで用いられる、アルコールフリーという文字。

 

アルコールは肌に悪いというイメージを持つ方も増えてきたかと思いますが、アルコールは肌にどのような影響を与えるのでしょうか?今回は、アルコールフリーのオールインワンゲルを選ぶ必要性について考えていきましょう。

 

⇒ おすすめ無添加オールインワンゲル

 

化粧品にアルコールが配合される理由

 

まずは、なぜ肌に悪影響を及ぼすかもしれないアルコールが化粧品に使用されるのか、という問題です。化粧品に含まれるアルコールは、エタノールを指すことが多く、成分表示にもエタノールと表示されます。

 

エタノールは、例えば注射の時の消毒などに使われ、すっとした清涼感のある成分です。エタノールには、消毒・殺菌作用があり、化粧品の保存のために用いられます。また、油分と水分を混ぜ合わせるためにも用いられ、乳化剤としての働きもあります。

 

他にも、肌を引き締める収斂作用もあり、毛穴も引き締まるためニキビ予防などにも効果的です。そして、すっとした清涼感があるため、化粧品を使った時の使用感が良いという特徴もあります。

敏感肌、乾燥肌が悪化!アルコール刺激・揮発性

アルコールが肌に悪影響を与えるパターンとしては、まずアルコールそのものが肌に合わないことで起こります。消毒の時に用いられるアルコール(エタノール)で、ぴりぴりしたり、肌が赤くなってしまうような方はアルコールの刺激に弱い肌です。

 

敏感肌の方などは、アルコール入りのオールインワンゲルを選ぶ場合にはテスターなどで刺激がないかどうかを確認してから使用するようにしましょう。また、アルコールの持つ揮発性という性質も肌に影響を及ぼしてしまいます。

 

揮発性とは、蒸発しやすい性質を言い、化粧品を使用した時のすっとした清涼感も揮発性によるものです。このアルコールの揮発性により、蒸発した時に肌内部の水分まで奪われて乾燥しやすくなってしまいます。

 

肌が乾燥してしまうと、肌を守るバリア機能が低下し、乾燥肌や敏感肌を悪化させたり、様々な肌トラブルの原因となってしまうのです。オールインワンゲルなどの化粧品に含まれるアルコールの量はわずかなため、ほとんど影響のない方も多いのですが、乾燥肌、敏感肌の疑いがある方は注意が必要です。

 

年齢肌の対策にもアルコールフリー!無添加がおすすめ

乾燥肌、敏感肌という自覚がなくても、年齢を重ねた肌は肌の保湿力が失われてしまうため、肌の乾燥には気をつけなければなりません。例え今の段階ではアルコールが肌に影響を与えなくても、使い続けていくうちに乾燥肌になってしまう可能性もあるのです。

 

肌の保湿力が弱まると、肌の外部からの刺激などに弱くなり、シミやしわ、くすみなど肌の老化に繋がってしまいます。また、肌が乾燥した状態ではせっかくアンチエイジングの効果があるような成分を用いても、効果が薄れてしまうのです。

 

年齢肌に悩む方は、保湿力が高く、アルコールフリーのオールインワンゲルを使うことで、肌をいたわり、肌本来の力を保っていきたいですね。ただ、アルコールフリーなどの化粧品は保存の点では劣る可能性もあるため、雑菌の繁殖を抑えるために、高温多湿を避けて清潔に使うようにしていきましょう。

page top